2015アーリントンカップ(G3)の展望

2月28日(土)に阪神競馬場で行われる第24回 アーリントンカップ(GIII)の展望です。

■現在の登録馬は15頭

近3年はミッキーアイル、コパノリチャード、ジャスタウェイと
勝ち馬が全てG1馬になっており配当も3年前の3連単190倍が最高。
ここ2年は3連単万馬券も出ない低配当決着になっています。

しかし4年前は4番人気⇒11番人気⇒5番人気の決着で
3連単配当は57万4500円の高配当。
5年前は5番人気⇒1番人気⇒8番人気の決着で630倍の配当。
そして6年前も25万馬券と「G1級の馬が不在なら荒れる」という傾向と解釈したいです。

今年の登録馬を見渡すと正直G1級の馬は不在。
というよりは、低配当レースで勝負しても趣旨が変わってしまうので
波乱の年であると解釈して分析していきたい。

■過去の伏兵馬の傾向

2011年 キョウエイバサラ(11番人気⇒2着)

⇒デビュー後6戦はダート1200m~1400mを使われ
このレースが初めての芝だった。

2010年 レト(8番人気⇒3着)

⇒デビュー後6戦は1200mを使われ
前走シンザン記念では初のマイル、重賞で9着と惨敗からの巻き返し。

2009年 マイネルエルフ(12番人気⇒2着)

⇒2歳時は函館・札幌で走りコスモス賞(OP)3着などがあった。
2歳秋にいちょうステークスで2番人気に支持されるも11着惨敗。
それ以来久々のレースだった。有力馬の巻き返し。

■馬券傾向

ちなみに過去10年の1着馬は1番人気~6番人気

その中でも6番人気で優勝したダブルウェッジは前走6着からの巻き返しであったが
それ以前の5戦は全て連対、特に2走前にシンザン記念で2着の実績があった。

そのダブルウェッジを除けば勝ち馬は1~5番人気で
前走が1着か重賞で掲示板を確保している馬だった。

極端な穴馬は2着以下で狙い。
1着馬をこの傾向で選ぶフォーメーションも面白いかもしれない。

現在の注目馬(沢山いますが・・・)

★ネオルミエール
★ナヴィオン
★ナリタスターワン
★ナイトフォックス
★アルマワイオリ
★マテンロウハピネス
★ヤマカツエース

現状ですが、この辺りから
オッズを見ながらフォーメーションで狙いたいと思います。

▼万馬券長者ツイッター

https://twitter.com/keibamabnken

競馬予想サイトの口コミ まとめ

競馬予想会社ランキング まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加